歯周病や虫歯などで抜歯を余儀なくされた方へ

歯周病や虫歯などで抜歯を余儀なくされた方へ~インプラントのすすめ~

歯周病や虫歯になると、最終的には歯を失ってしまうことがあります。失った箇所を放っておくと、見た目が悪くなるのはもちろん、食事や会話に支障をきたし、隣の歯が空いたスペースに傾いて歯並びや咬み合わせを乱してしまうことがあります。歯並びや咬み合わせが乱れると、ブラッシングのしづらさから再度歯周病や虫歯が再発しやすくなったり、顎のバランスが崩れ頭痛や肩こりを引き起こしたりしてしまうことも。そのため、失った歯はできるだけ早く補う必要があります。

 

◆インプラントとブリッジの比較
歯を補う治療「補綴治療」には、「インプラント」と「ブリッジ」があります。なお、ブリッジとは、失った歯の両側の歯を削り、それを支えにして上から連なった人工歯を被せる治療法です。

  インプラント ブリッジ
 
メリット

・見た目が自然で美しい
・違和感がない
・硬いものでもしっかり噛める
・周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
・金属アレルギーの心配がほとんどない

・見た目が自然
・違和感が少ない
・使用する素材によっては、保険が適用される

デメリット

・治療費が高い
・外科手術が必要になる
・全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
・長期間正常に使用するためには、口腔衛生をきちんと管理し、定期検診を受ける必要がある

・両脇の歯を削る必要がある
・支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

このように総合的にみてみると、将来を見据えて長く自然な見た目・噛み心地を維持したい場合は、インプラントがおすすめ、といえます。

とはいうものの、治療の主役は患者様。当院では、患者様がご自身で納得されたうえで治療を受けていただきたいと思っております。治療計画決定の前に、それぞれのメリット・デメリットをじっくりご説明したうえでご相談に応じます。ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽におたずねください。

 

すぐにインプラント治療ができない場合があります!~歯周病で歯を失った方への注意~

歯周病で歯を失ったということは、同時に顎の骨も痩せてしまっているということ。インプラント治療では人工歯根を顎の骨と結合させるため、治療を受けるためには、十分な顎の骨の量や高さなどが必要です。

当院では、顎の骨が十分にあるかなどをしっかりと診査したうえでインプラント治療を行っております。「歯周病で歯が抜けた……顎の骨、大丈夫かな?」という方は、お気軽にご相談ください。

インプラントについて詳しくはこちら

当院は定期健診をお勧めしています

予防歯科で「生涯治療費」を抑えましょう

予防歯科で「生涯治療費」を抑えましょう

定期健診を受けている方と受けていない方とでは、長期的に見て歯科医療費に大きく差が生まれます。定期健診を受けていない方の場合は不調が現れてから治療を行うケースがほとんどですが、そうすると病気が進行した状態で治療しなければならないので、通院回数も治再治療の回数も少なくなります。

年に2回以上定期健診を受けている方とそうでない方の、生涯治療費を比べたデータがあります。そのデータによると、定期健診を受けている方は、受けていない方よりも48歳までは治療費が上回るものの、その後は逆転します。さらに65歳の時点では、定期健診を受けていない人の6割程度の治療費負担で済むという結果になっています。

定期健診でしっかりとメンテナンスをしておくことは、お口のトラブル発生を抑えるだけでなく、早期発見や早期治療につながるため、比較的費用を抑えることができるのです。

予防歯科で歯を長持ちさせましょう

予防歯科で歯を長持ちさせましょう

定期健診を受けている方とそうでない方では、年齢が高くなるにつれて平均残存歯の数に大きな差が出てきます。50代までは両者の違いはほとんどありませんが、60代では3本以上、70代では9本ほどの差が出てきてしまいます。

いつまでも食事や会話を楽しむために、毎日のブラッシングやセルフケアだけでなく、歯科医院での定期的なメンテナンスを行いましょう。そうすることで一生涯にわたって健康な歯を保つことができます。

治療に関してのご不明な点や、ご相談などお気軽にお電話でもお申し付けください。

お気軽にお問い合わせください 077-567-0700